大学院を中退した人が自分を変えていく。yabee知恵ブログ

ある日謎の腹痛と高熱で入院することになり、大学院を中退。中退した後どうすれば良いのか、そんな毎日を書いていきます。

リーダーに必要な力。チームをまとめる力とは?

f:id:yabecchi312:20151217215452j:plain

やべやブログ。久しぶりに記事を書きます!

自分のブログを読んでくれる人なんているのかなと思ってアクセス数を見たらどうやら大学院中退を考えていらっしゃる方が検索して下さるようで安定してアクセス数が増えていました。すごく感謝。

 

特に大学院を中退した経緯を書いた記事がよく読まれているようなので文章を校正しました!

 

 

yabecchi312.hatenadiary.jp

 

 

よかったらお読みください。

 

これからもっと記事を書き続けられるように努力します!

 

 

私がブログを書いている理由が自分の考えの整理やアウトプットをする場として使わせて頂いていると同時に、少しでも同じ悩みを抱えている方の問題を解決するための手助けができたらと思って書いています。

 

 

今日話す内容は

リーダーに必要な力。一つにする力についてです。

リーダーに必要な力って様々たくさんあって、リーダー哲学も色々あるかと思いますが、チーム全体を一つになった時の力って半端じゃないです。

 

 

私も今仕事をする中でもっとみんなが一つにならないといけないと感じています。

決してバラバラではないのですが、もっと一つになったらとてつもない力をもっと発揮できるような気がする。

そのように感じていながらも、どうやったら一つになれるんだろうと色々考えるようになりました。

 

 

チームを一つにする力。リーダーに必要な気質です。

教師だったらクラスを一つにするし、社長は会社で働く人を一つにしないといけません。

規模が大きければ大きいほどバラバラになってしまう可能性が高いです。

 

 

一つになればとてつもない力を発揮して勝利を手にします。

紐が何重にも重なって巨大な網となって大物を釣ることができるし、

一つになって戦えば奇跡が起こります。

 

 

チームが一つになった最高の状態ってなんなのか?

f:id:yabecchi312:20160702210117p:plain

 

そもそも一つになった状態ってなんだろうと考えた時に、この言葉はとても抽象的な言葉だなと思います。

 

 

過去を振り返ってみて部活とか何かの行事や仕事において、これは一つになった状態だなという状態はどういう状態だったでしょうか?考えてみてください。

 

 

一つになって何かを掴み取った時のことを分析すると、何でかわからなからないけどあの時は一つだったなと思ったりします。あの時は頑張ったな。あの時は楽しかったな。

でも新しい環境、新しい人、規模が大きくなるといつの間にかバラバラになっています。

 

 

一つになった状態。少なくともこの二つが挙げられます。

 

・思いが一つになっていること。

・お互いに仲が良い!

これがチームの中で確認された時、一つになっているはずです。

よくできている会社はこれがちゃんとなされています。

 

 

自分の会社の理念に価値を感じているし、お互いに仲も良いです。

そういう会社はどんどん大きくなっていきます。

 

 

でもこの状態になるのが簡単ではないです。

 

 

バラバラのチームに対してリーダーだけでなく、チームに属した人もどうしたらみんなが一つになれるのか?

 

チームが一つになるためにはあなたはどうしたら良いのか?

f:id:yabecchi312:20160702210428p:plain

もし、今一つになれていない状況だったりすると、一つになることが到底不可能なように感じてしまいます。

 

 

一つになっていない時にリーダーがすべきこと。

 

 

よく間違えてやってしまうことは

自分が気に入った人や期待できる人を特に育ててしまうことです。

 

 

そうではありません。

 

リーダーがいつも全体に教育してあげることです!

 

リーダーでなかったとしても誰か教えられる人を立てて、

自分たちがどういう思いでやっていくべきか、仕事のやり方、ノウハウなどを全体に教えてあげなければいけません。

 

 

よく期待できる人や仕事ができる人だけに仕事を任せたり育てたりします。

それではできない人がやる気を失ってチームがバラバラになります。

 

 

仕事ができない人にも任せてあげないとその人が成長ができません。

できる人、できない人、満遍なく全体に行き渡るように教育してあげることです。

 

f:id:yabecchi312:20160702213123p:plain

 

一本の枝を精一杯育ててもその枝だけよく実が実ったとしても、全体が枯れてしまいます。

木の枝全体に栄養が行くようにしないといけません。

 

また、胃だけを貴重に思って健康管理しても他のところが病気になります。

全体を管理してこそ健康になります。

 

 

全体を管理して、教えてあげることです。

だからリーダーは全体に教えられるだけの気質を備えていないといけません。

まだそのような気質を備えていなかったとしても全体にいつも思いを伝えつつ、リーダーがもっとたくさん学んで、全体に学んだことを教えてあげなければいけません。

 

 

また、チーム内が仲良くやれるようにご飯に行ったり、時にはリーダーが仲裁に入って話し合って、団結できるようにしないといけません。

 

 

 

いつも何か学ぼうと謙虚な姿でいることがリーダーにとって貴重な財産になります。

その力を持って全体に教育した時に大きな木になって、枝にたくさんの実が実るようになります。

 

 

学ぶ必要性をわかっていつも生活をしていくことを目指していきます!

病気で苦しんでいる人を救う方法。健康な人にかかっている!

久しぶりにブログを書きます。

今週ものすごい体調を崩していて寝込んでいました。

焼けるように痛い腹痛とガンガン痛む頭痛。これが5日間続いています。

 

 

とても辛いのですが、やはり精神的にも結構やられました。

そんな中一つ感じたことというか、考えていたことがありました。

 

 

自分みたいに病気に苦しんでいる人や何かに苦しんでいる人をどうやって助けてあげることができるのだろうか?

今日はこのテーマを元に病気をしている人に話すというよりは健康な人に訴えたいです。

 

 

自殺の原因、一位は何か?

f:id:yabecchi312:20160206044643p:plain

 

日本は自殺大国だと言われています。

その中で自殺の原因で一番多い要因が何かわかりますか?

 

 

実はダントツで病気です。

その次は経済や生活のことです。

いじめによる自殺がよくニュースで報じられますが、健康問題によって自殺してしまう人がダントツです。

 

 

なぜだと思いますか?

 

 

病気による精神的苦痛が半端ではないからです。

私が言っている病気は慢性的なものだったり痛みや苦痛が日頃からともなうものです。

私の病気の苦しみはまだ軽い方なのだろうと思いますが、それでもずっと続くとかなり辛く、痛みで頭がおかしくなりそうになります。

 

 

どんなに強い人間でも心を折ってしまうのが病気です。

経験しているからわかります。

それほどにも辛い病気をどうやったら乗り越えることができるのでしょうか。

 

 

病気を乗り越えるためには自分のことをわかってくれて支えてくれる存在が必要

 

f:id:yabecchi312:20160206044256p:plain

 

私が1年半前に原因不明の病気で特に辛かった時があります。

この時を乗り越えることができたのは間違い無く自分のことをわかってくれる存在、支えてくださる存在がいたからです。

 

だから病気の精神的苦痛を乗り越えるためには、

周りが何か助けてあげることができないか関心を持ってあげることです。

 

私が病気をして感じたのはこの苦しさをわかってくれる人なんていないと思ってしまいました。

あまりにも苦しかったので。

たとえ支えてくれたり話を聞いてくれる人がいたとしてもその人はこの苦しさを知らないのに何がわかるんだと心の底で思い、とても孤独に感じました。

 

 

実際のところ病気の苦しさをわかろうとしたら病気を経験しないとわかりません。

でもわからなかったとしても絶えず関心を持ってあげてください。

 

 

なぜなら病気をしていると、自分しか見れなくなってしまって本当に孤独です。

痛みと苦しみに戦うことに精一杯で他人を見る余裕がなくなります。

だから孤独になります。

 

 

逆に病気で苦しんでいる方に病気を乗り越える方法を話すとしたら

自分ではなく、他人に関心を持つことです。

しかし、あまりの病気の苦しさでそんな余裕を持つのは大変です。

 

 

だから健康な方が一層関心を持ってあげてほしいんです。

特にいつも慢性的に病気をしている人はまたかと思われがちです。

心は水のようですぐに流れます。

どんなに強い心も病気によって簡単に心が折れることもあります。

 

人を救うために痛みを忘れていはいけない

f:id:yabecchi312:20160206044851p:plain

 

私はよく病気をしてしまいますが、今回の病気の痛みでこの痛みを絶対に忘れてはいけないと思いました。

最終的に必ず健康になりますが、病気をしている人に出くわした時、何かに苦しんでいる人がいた時に少しでも痛みがわかってあげることができると思います。

苦しみがわかる分、誰かを助けることができ、わかってあげることができます。

そして、今回の病気を通して少しでも苦しんでいる人を助けてあげるようにしないといけないと思いました。

 

このことに気づかせてくださった神様に本当に感謝だと心から思います。

 

 

苦しんでいる人に対してお互いに関心を持って支えられる愛のある世界が作れたら良いですね!

 

ちなみに私の病気の経緯はこちらです。

yabecchi312.hatenadiary.jp

 

 

yabecchi312.hatenadiary.jp

 

大学院を中退しても思ったより楽しく生きることができている話

f:id:yabecchi312:20160109071456p:plain

 

新しくブログを開設しました!

良かったらそちらもご覧ください。

yabecchi.com

 

 

 

私のブログのアクセス元を見ると「大学院 中退 頭痛」や「大学院 中退 就活」というキーワードで検索して見に来られる方が多いです。

 

 

なんでだろう...

と考えた時に修論が大詰めの時期に大きなストレスになってしまい、追い詰められて中退を考える方が多いからだと気づきました。

 

 

なので、

私が大学院を中退した理由、

中退してから現在までどのように過ごして就活をしてきたか、

中退してみてよかったこと悪かったことをまとめます!

 

 

大学や大学院を中退しようと考えている方の手助けは難しいですが、ご参考にして頂けたら幸いです!

 

私が大学院を中退した理由

f:id:yabecchi312:20160109071546p:plain

 

私が大学院を中退したのは2015年の3月です。

事件は2014年の12月頃に起きました。

 

 

それは

原因不明の激しい腹痛と39度を超える高熱

これをきっかけに2週間入院することになり、その後も病気を繰り返すようになりました。

病気の辛さは半端じゃなかったです。

関節痛で寝れないこともあり、だんだんこの肉体の辛さを誰にもわかってくれないような感覚に陥って、ほぼうつ状態になってしまい、とても修論を書くなんてことはできなくなってしまいました。そして自宅にこもる日々が続きます。

 

 

2015年2月くらいになって病気がだんだん回復してきました。

同時に心も回復してきましたが、その時にはもう修論提出には間に合わない状態だったので中退を決意しました。

大手インフラ会社から内定を頂いておりましたが、中退をしてしまったので内定も取り消されました。

 

 

中退してみて感じた事

f:id:yabecchi312:20160109071353p:plain

 

 

私は大学院在学中に教授との衝突はかなりありました。

それが原因でストレスとなって病気になったのかはわかりません。

結局病気は原因不明のまま、病院に通う日々を過ごすようになりました。

 

 

また研究をやる意味を全く感じていなかったです。本当に時間の無駄だと思っていました。

だから中退してなんかめちゃくちゃスッキリしました。笑

 

 

ニートになりたいなんて全く思っていなく、むしろ仕事をしたいと思っている人間なのですが、中退したことによって何か縛られているものから解き放たれたような感覚でした。

 

 

 

 

中退したことによる周りへの劣等感も全くなく、むしろ自分が本当にやりたいと思っている道に進むことができると思ってとても清々しい気持ちになりました。

 

 

もちろん他人と比べたらきっと他の人の方が圧倒的に安定した生活をしているし、社会的信用も高いと思います。

 

 

しかし何が一番良い人生かなんて他人が決めることではありません。

間違いなく自分が決めることです。

 

 

それよりも自分の心が何をしたいのかが大切で、そのために今何をすべきなのか考えて、計画を立てて、動いてみることが大切だと思います。

 

 

しかし、中退して一つ気がかりなことは両親です。

特に自分の体調面でかなり心配をかけてしまっているのでとても申し訳なかったです。

早く健康になって立派に社会で活躍して恩返しをしたいと今でも切実に思っています。

 

 

そして一番の親孝行は自分が成長して幸せに生きることだと思います。

お金持ちになるとか、社会的地位が高いとかそういったことではないはずです。

 

中退をした後の就活

 

f:id:yabecchi312:20160109073556p:plain

 

さて、3月に中退してから、すぐに就活を始めたかというとそういうわけではなく、毎朝腹痛があってすぐには就活を始めることができませんでした。

 

 

なのでその期間はひたすらいろんな人と会ったり新しいことを色々しながら体の療養をして過ごしました。

 

 

新しいことの一つとして、

ランニングとかサッカーとか結構しました。体力をつけるために。

最近はサボり気味ですが。

 

 

そして食べるものにもできる限り気をつけるようにしていく内に、だんだん痛みの強さが弱まってきて、毎日ではなく2日に1回、週に2回という頻度の腹痛で済むようにはなってきました。

もちろんその間も病院には行き続けました。

 

 

で、結局本格的に就活始めたのが8月くらいです。

遅いですね。笑

就活をしていたのですが病気をまだ引きずっていたため、すぐに働こうという考えはなかったです。

しかも、既卒という立場はなかなか内定取れません。

大学院生の時は就活がすぐに決まってしまったため、そんなに大変とは思いませんでしたが、既卒になると全然違いました。。。

 

 

そんな感じでダラダラ就活を続けて12月くらいに就活カウンセリングとかも行きました。

そこではまずは完全に病気を治してから就活を始めた方が良いと言われてもう少し休んでから就活を始めようかなと思いました。

 

 

と、なかなか仕事場が見つからないのかなと思っていたらまた面白い縁があり、

今は知り合いの建築事務所から手伝って欲しいと声がかかっております。

そこで仕事をしようかなと考えていますが、もう少し就活をしてから決めようと思っています。

 

 

大学院を中退して良かったこと、悪かったこと

f:id:yabecchi312:20160109074735p:plain

 

大学院を中退して先に悪かったことを話すと、

とにかく就活が大変!

中退したことによって何も属していない状態なのでいつも進路に関する悩みは尽きません。

いつも将来の不安と戦わなければいけません。

そういう意味で大学や企業にしても何かに属するというのは良いものだなと中退してから思います。

 

 

大学院を中退して良かったことは、縛られるものがなくなった分全てが自分次第になったことです。

私は目的のために生きる人生が幸せな人生だと恩師から教えてもらいました。

 

 

そしてその目的を私は大学院に在学中に見つけるようになりました。

 

「それは人を幸せにすること」です。

 

私はそれを世界規模で考えています。大真面目に。

 

そのためには少なくとも周りを幸せにできないと自分も幸せでないといけません。

 

yabecchi312.hatenadiary.jp

 

そういった強い信念があったから前に進むことができました。

その過程の中で色んなな人との出会いがあったり、学生団体WORDsを立ち上げたり、今までやったことないことに挑戦したり、ブログを書き始めたり。

 

本当に神様に導かれているのだなと思っています。

 

大学院を卒業してそのまま就職したらできなかったことが今出来るようになっているので中退して本当に良かったと思っています。

しかし、他の人に中退は勧めません。笑

何か他に強い目的があるのなら中退することも一つの手段ですが、

目的なく中退すると結構大変です。

でも、もしどうしても大学院が辛くて中退したいという方にお話しするのなら、中退しても何とかなります。

大変ではありますが、仕事がないわけではありませんし、仕事も探せば意外と生きていけるはずです。

 

 

人生は選択の連続なので何が正しい道なのかは人によって違います。

中退して感じること。

それは人それぞれの道があって、

その道は他人が決めるのではなく最終的には自分で決めなければいけないということです。 

その道を間違わないためには相談も大切です。

しかし最終的に決定するのはいつも自分であることを忘れてはいけないのだと切実に感じている私です。

 

P.S.

中退しようか悩んでいる方や質問、相談など受け付けています。

コメント書いてくださる方もありがとうございます。

しかし正直ネット上ではどうしても答えを出しきることができないです。

なのでよければ時間出しますので、お会いしましょう。もちろんお金いらないです。

 

何かお話がある方はこちらのアドレスまでご連絡下さい。

私も周りの方に助けて頂いたからこそ、私と同じ悩みを持っている人を助けることが恩返しになるのかなと思っています。

 

気軽にご連絡下さい!

yabecchi312@gmail.com

 

後、新しくブログを開設したので良かったらこちらもご覧ください。

 

 こちらの方が最新で内容も充実させます!

 

大学院中退者向けの一つの就活方法としてこちらの記事もおすすめ!

yabecchi.com

 

yabecchi.com


2016年の目標を考える!まんべんなく次元を上げる年

f:id:yabecchi312:20160107184922p:plain

遅くなりましたが、

あけましておめでとうございます!

ついに2016年を迎えて新年からワクワクしている私です。

2015年は本当に記憶に残る年だったし得るものが多かった年でした。

大学院を中退して、就活して、学生団体を立ち上げて、ブログを初めて、多くの人に出会ってなどなど盛りだくさんでした。

ブログ久しぶりのアップですが、実は色々、縁があって進路が少しずつ定まってきました。

つまり就活が終わった!?という感じなので、

近々詳しく書いていこうと思います。

 

さて、お正月を過ぎて良いスタートダッシュを切ろうとした矢先に

1月3日〜1月5日まではかなり死んでました。

体調めちゃくちゃ悪かったです。

周りに多大な心配と迷惑をかけて反省しています。

 

 

2016年のスタートは最悪でしたが、いつまでも悲観しているわけにもいきません。

今年はどんな年にしようか。

こんな年にします!

 

満遍なく、次元を上げる年

これが私の今年の標題です。あらゆる面で自分の次元を上げる年にしたいと思っています。

昨年は「自分の次元を知る年」になりました。

だから今年は次元を上げます。

次元を上げれば、見える世界が変わります。

つまりその主管圏から抜け出して、新しい主管圏に移るので、全く違った世界が広がります。

 

 

そして「まんべんなく」備えたいと思っています。

 

 

その中でも特に備えたい力があります。

目標を具体的に、目的をはっきりさせてこそ、

行なう力になります。

 

1.体力

2015年はこの体力がなくてできなかったことが多かったです。

病気のせいというのもありますが、だいぶ病気も治ってきましたので、

しっかり健康な体と体力を備えていきたいなと考えています。

そのためには運動だったり食事だったり毎日の生活を省みないといけません。

今年はまず、超人的な肉体を手にしたいと思います。

マッチョになるとかではなく、鉄人になります。

 

2.言葉の力

言葉の力。つまり伝える力をさらに備えていきたいです。

人は言葉で惹きつけられます。しかし、その言葉の力はどこから出てくるかというと日々の行ないから出てきます。

言葉だけを磨いても行ないがなければそれは詐欺師と同じです。

だから日々の生活の次元を上げて言葉の力を上げたいと考えております。

  

3.生活力

生活の中でも特に掃除です。

お母さんのような細やかさを備えたいと思います。

 

4.見えるものを通して見えないものを見通す力

つまり、根本を見る力です。いつも見たまんまを信じるのではなく、分析して分別してその根本をもっと見通せる力をさらに備えたいです。

また、見えないところで支えてくださっている存在にもっと気づいていきたいです!

 

5.人格を備える

やはり性格をもっと良く変えて人格を備えていきたいです。

そのためにもっと多くのことを学べる2016年にしたいです。

 

6.時間を守る

当たり前のことなのですが、未だに足りない私です。

今年は周りが信頼してくれるほど時間を守れる人になります!

 

 

以上が次元を上げたいものなのですが問題はどのように行って次元を上げるかです。

構想は色々あってやろうとしていること、やり始めていることはいくつかあります。

 

今日は2つだけ挙げて終わります。

1つ目は毎日のランニング!

やっぱり昨年の一番の後悔は体力です。

ランニング絶対に続けていきたいと思っています!

2つ目は学生団体WORDsの活動!

すでに社会人という立場なのでバックアップとして学生を中心に作りあげていきたいと考えていますが、なぜ今更ながら学生団体をやろうと思ったのには私の夢の実現にもなっているからです。

 

 

まずWORDsのコンセプトが「言葉で平和をつくること」なのですが、

私が考え抜いた末、やはり平和を実現させるためにはお金、物質などでは平和にすることができません。

世界が平和にするためには平和を実現していく大きい人が増えていかないといけません。

 

 

しかし、社会人になると仕事が忙しくて自分を変えるというのはとても 難しいです。

だから、脳があまり凝り固まっていない若い学生の内に成長して、夢を形にする後押しをしようと考えました。

 

 

そして学生団体の良いところはお金があまりかからないことです。 

中身を磨いていくうちにお金がかかってしまうところはあるかもしれませんが、

利益を出さなければいけないという問題を取り除くことができます。

 

 

こんな学生っぽいことをしながら仕事もしっかり見つけましたので今度詳しく書いていきます。

 

 

大学院を中退して感じた夢を見つける方法は一つではない!問題意識が夢を見つける。

f:id:yabecchi312:20151223102125p:plain

 

学生の時によく耳にする言葉。

「やりたいことが見つからない」

 

 

学生に限った話ではありません。社会人の方でも同じような疑問を持ちながら人生を過ごしている人が多いです。

そもそもやりたいことを見つける必要なんてない!と考える方にはあまり為にならない記事です。

 

 

やりたいことを見つけたいけどなんとなくダラダラ過ごしてしまっている方々のため、やりたいことのもっと先を行くのなら「夢」。

この夢を見つけるための手がかりになる記事になれたらと思います。

 

 

夢を見つけるアプローチの仕方にはいくつかある!

f:id:yabecchi312:20151223102423p:plain

 

夢を見つけるためのアプローチは一つではありません。

一番多いのは、やりたいことや好きなことを夢にしてしまうことです。

この方法でしか夢を見つけることが難しいと考える方が多いのですが、もしこのアプローチの仕方をするのなら、まずやりたいことや好きなことを見つけないといけません。

そのためにはまずいろんなことをやってみることだ!

このアプローチ方法も正しいと思います。

結局やってみないとわからないことも事実です。

しかし、そもそもやりたいことがないという学生ってめちゃくちゃたくさんいます。

しかも、学生ができることは限られていて決めるのは結構難しいし、高校生に至ってはほとんど社会を経験して決めることは難しいです。

 

 

もちろん、学生という特権を使ってやろうと思えば何でもできてしまうところはありますがほとんどの人がそこまで動くバイタリティーのある人は少ないです。

私もその一人でした。

 

 

だからやりたいことを見つける為にとにかくやってみるというアプローチの仕方は結構レベルが高いです。

では、どうしたら良いのでしょうか?

 

 

そもそも理想とか夢とかなぜ存在するのか?

そもそも何で人は夢を持ちたがるのでしょうか?

 

 

それは何でかというと、

今の自分に満たされていないからです!

今の自分よりもっと理想の自分を思い描くこと、

これが夢になります。

 

 

つまり今の自分に夢を持つと必ず発生するのは今の自分に対する

 

 

「問題」です!

 

つまりこの問題を把握することに夢を見つける手がかりがあるのではないでしょうか?

 

 

例えば、私は人見知りだ。これが今の自分の問題だとします。

そうしたら夢はそれをコミュニケーション能力のある人になることになりますね。

 

 

この問題意識を解決することがすなわち夢がなされた状態です。

私も人見知りはとてもコンプレックスで、イベントの司会のアルバイトをやって自分を鍛えました。やり方は色々ありますが、基本的に人とたくさん話すことによって「コミュニケーション能力のある人になる」夢を実現させていきます。

 

 

これをもっと大きな問題に向けると夢はもっと大きくなります。

例えば、戦争をなくす。一気に大きくなりました。

しかし問題が大きい分、夢も大きくなって、成し遂げる過程も難しくなるということがわかりますね。

 

 

つまり何が言いたいかというと、

やりたいことがない!とダラダラ過ごしているのなら、今自分が感じる

問題を見つけてみましょう。

自分の問題、社会の問題、周りの問題なんでも大丈夫です。

そしてその問題をどうやったら解決できるのか必死に考えてみるんです。

そして考えたことを実践すること。

これが夢を形にする過程になります。

 

 

私が中退して感じたこと。問題意識を強く感じる分夢を成し遂げたい心になる。

私が、大学院を中退して正直何も無くなったと感じた分、いろんな自分の問題点に気づくようになりました。そして社会が当たり前と感じている間違った問題点。

こういった一つ一つが私の夢を形成しました。

大学院を中退したことによってこの問題意識が一層強くなりました。

なぜなら他に何もないので。笑

 

 

問題意識が強くなる分何が強くなるかというと夢を成し遂げたい思いが一層強くなりました。

中退するとこんなメリットがあるのかと感じました。

しかし、中退することは勧めません。笑

その分大変なので。

 

 

でも夢を持てるということは素敵なことです。

その夢が大きい分やりがいのある人生を生きることができます。

そして今すべきことが明確になったら時間が惜しくなります。

だから没頭して、無駄な時間を省いて、努力をします。

 

 

そんな人生を少しでも歩めていることに感謝しながら、

もっと深く歩んでいけたらと考える25歳です。

今年を忘れたくない年にできた最高の忘年会!

トピック「忘年会」について

f:id:yabecchi312:20151221084858p:plain

今年ももうすぐ終わって今まさに忘年会シーズンですね。

さて、そもそも忘年会ってみなさん何かわかりますか?

言葉の通り

「今年の苦労を忘れるための最後の宴会です。」

ちなみに私はお酒大っ嫌いなので特に忘年会に行く予定はありません。笑

しかしタイトルには最高の忘年会と書いてありますね。

今日はその意味を話しながら今年を振り返っていきます!

 

 

今年は本当に苦労が多かった...

f:id:yabecchi312:20151221085134p:plain

 

今年を振り返ると本当に苦労が多かったです。

特に何に苦労したかというと

1つ目は病気。

昨年から続いている毎朝の腹痛と胸焼け(時には起き上がれない程)、時には熱や頭痛にも悩まされました。

 

 

そして

2つ目は大学院を中退して0から始めたこと。

大学院を中退したことによって私には何もなくなりました。笑

正直かなりスッキリしました。まるで足枷がなくなったような感じです。

時間ができた分色んなことを見直して考えることができたし、新しいことにもたくさん挑戦することができました。

ただ、その分苦労も多かったです。就活に至ってはいまだに苦労しています。

 

 

これだけを振り返っても本当に苦労が多かったし微妙な年に感じますね。

しかし私にとって今年の苦労を絶対に忘れたくないと思える程大きなものを得ることができました。

それが

 

 

変化!

 

私が今年を一言で表すのなら変化した年だと自負しています。

大学院を中退したことも変化でしたが、それよりも私の内面が変化しました。

成長した自信があります。

1年前は本当に病気のせいでうつみたいなものだったので。

その時に比べたら全く人が違います。

ひたすらそれは色んな人に支えてくださったことや尊敬する方に多くのことを教えてもらって助けてくださったからです。

 

 

だから病気も

大学院を中退したことも

就活をしたことや

あらゆる苦労が

私の成長に繋がったと実感するし、私のもっと世界中の多くの人を幸せにしたいという夢に近づくことができたと実感をしています!

本当にひたすら感謝でしかありません。

 

 

また、それと同時に

自分の足りなさを切実に感じてもっと大きい人になるために次元を上げたいと心から思えた年でした。

変化を感じながらも自分の次元の足りなさを知ることができたことは本当に祝福だと思います。

なぜならもっと次元を上げることができるからです。

 

 

もっと次元を上げて多くの人が幸せになるために使われる人になりたいと考えています!

 

 

苦労を忘れたくない年にできた最高の忘年会の意味

f:id:yabecchi312:20151221085508p:plain

 

今年はだから苦労を忘れたくないと思える年になりました。

そして私にとって毎日が宴会です。

なぜならやっておいたものがあるし、変化した喜びがあるし、自分に価値を見出す年になったからです。

そして自分の次元の低さを感じれたからもっと変化できるからです。

 

 

その喜びが私にとって苦労を忘れたくない喜びの宴会です。

成長の味を頂きながら宴会しています。

それが今年、私の最高の忘年会です。

 

 

だから苦労って本当に良いものではないですか。

忘年会だからって文字通り苦労を忘れてはいけません!

苦労して種を蒔いて育ててこそ立派な実を実らすことができます。

 

 

これからもっと大きな苦労が待ち受けていると思いますが、苦労した分もっとおいしい果実を実らせて味を感じれる2016年にしようと思います!

 

 

中心者はいつも孤独だ。だから関心を持とう!

f:id:yabecchi312:20151218125438p:plain

今日は中心者について。

つまり組織のリーダーだったり指導者のことです。

組織には必ず中心者という存在が必要です。

 

中心人物の役割とは?

 

中心人物の役割には中保者という一面があります。

例えば、部活のキャプテンだったらコーチとの中保者にならないといけないし、店長だったらその会社の中保をして、社長だったら何かのビジョンに対しての中保をしないといけません。

その上で決断力、判断力、速さなど様々中心人物に必要なものは存在しますが、そういった品性は何かに対しての中保するために備えるべきものと言えます。

だからいつも中心者は下と上から板挟みを受けていて大変です。

 

中心者は孤独

また中心者ってその組織の代表です。だから表象にならないといけません。

部活のキャプテンもうまい人がなりますよね。つまりモデルになること。

もしその中心者の行ないが悪かったら正直ついていきたくないです。

だから中心者はいつも表象となって行わなければいけないのでとても大変です。

中心者の判断によって組織の運命が変わるので、

責任も重くて相談できる相手も少ないです。

 

 

だから中心者の周りにはいつも多くの人がそばについているものですが、実は中心者は孤独の場合が多いです。

なぜなら中心者の心情をわかってくれる人が少ないから。

その心情を汲み取ってくれる存在が少ないからです。

中心者の心情は中心者になってみないとわかりません。

だから中心者に対してみんなで支えてあげることが大切です。

 

支えてあげること。つまり関心を持つこと!

 

支えてあげるとは何か。言い換えるなら「関心」を持つことです。

しかし特に日本人はこの関心を持つというのがとても苦手な民族です。

自分だけで手がいっぱいになってしまって、他人に関心を持つ、つまり他人の心情まで考えてあげるということが考えられません。

 

 

だからこそまずは中心者から自分の身を嘆かないで、他人に関心を持たなければいけません。

中心者はいつも他の人より忙しいので自分のことで手がいっぱいになってしまいますが、それでもまずは中心者から関心を持ってこそ、他の人もそうするようになります。

「いつもお疲れ様」

この一言だけがあるだけでも違いますね。

 

 

また忙しくしている中心者に対して、お茶を買ってくる、何か手伝えることはありますかなどの一言。

 

 

こういった関心が雰囲気を変えていきます。

そんな組織ができたら本当にすばらしいです。

組織も中にも必ず部長、課長などその中でのリーダーが存在します。

お互いにそのようにできたら素敵な組織になりますね。

 

なぜ中心者について書こうと思ったのか。関心にも次元がある。

 

なぜ今日この記事を書こうと思ったかというと私も時には忙しくなると仕える精神を忘れてしまうことに気づいたからです。つまり支えて差し上げる精神。

自分のことでいっぱいになって関心が及ばなくなってしまうことがあります。

そして何より関心にも次元があることを悟ったからです。

 

 

自分のことしか考えられない人から出てくる言葉は基本的に

「不平不満」です。

自分は何であの人にこんなことを言われなきゃいけないの。むかつく!

何でこんなことするの!ありえない!

みたいな感じですかね。

 

 

しかし、もしかしたら相手の発言には何か深い意図があったかもしれないし、ものすごい不幸があって腹が立ってそのように発言したのかもしれません。

そのわからない相手の心情をわかってあげるためにはやはり

「関心」です。

そして関心にも次元があります。

関心の最高の次元は何でしょうか?

 

 

相手の心情をわかってこそ最高の関心であり、その心情をわかった上で何かできること共に行なうこと。

そこまで関心を持ってこそお互いに良い道を見つけることができます。

 

 

「何か辛そうですけど大丈夫ですか。」「大変そうだけど何かあったの。」

などこの一言の関心でいろんなことが変わってきます。

その言葉を投げかける意識には

相手の心に耳を傾けることです。

結婚すると特にこれが大切になるのではないでしょうか。

お互いに最高の次元の関心を持って生きる夫婦のことをまさに夫婦一体と言えます。

 

 

全ての人に対して最高の関心を注ぐこと!

心がけているつもりでもいくらでも関心の次元を上げられることに気づいた私でした!