大学院を中退した人が自分を変えていく。yabee知恵ブログ

ある日謎の腹痛と高熱で入院することになり、大学院を中退。中退した後どうすれば良いのか、そんな毎日を書いていきます。

流行語。時代に流されて行かない言葉。言葉の力!

トピック「私の流行語大賞」について

 

今週のお題「私の流行語大賞

f:id:yabecchi312:20151114031024j:plain

昨日、メガネを買ったんですが、

今メガネってすごく安いんですね...

 

レンズ代込みで6300円って私が昔買った時はレンズ代を入れたら2万円くらいした気がするのですが。

 

それでいてそれなりにおしゃれなフレームを買えるところが嬉しいところです。

 

さて、最近流行語大賞というのが発表されています。

 

私の流行語大賞ということですが、

 

それよりも、

後世に残る言葉の方がかっこいいなと思いました。

 

流行語って一時的ですよね。

「流されて行く」言葉なのでずっと残る言葉ではありません。

 

過去の歴史を見るとずっと残されている言葉があります。

つまり時代に「流されて行かない」言葉。

 

この後世に残された言葉に注目して数々の偉人を見ていきながら

言葉、に注目します!

 

 

 

マーティンルーサーキング牧師

正確な名前はマーティン・ルーサー・キング・ジュニア

有名な言葉は「I have a dream!」

直訳すると私には夢がある!

 

有名なスピーチで、ノーベル平和賞を受賞しています。

 

私もこのスピーチでよく英語の勉強をしていましたが、夢ってやっぱり素晴らしいですね。

 

リンカーン

「人民の人民による人民のための政治」

 ノーコメント。

ソクラテス

無知の知

ソクラテスは2400年前の人物ですが、この言葉の意味をご存知ですか?

 

人間は無知であることを知りなさい。

 

謙虚な言葉ですが人間って本当に無知だと思います。

 

知らないことが圧倒的に多いです。

 

この無知がゆえに起きてしまった悲しい事件はたくさんあります。

例えば、有名なところでいけばガリレオガリレイでしょうか。

 

天動説を信じていた、つまり地球を中心に太陽が回っているという考えを信じていた当世でした。

 

しかし、無知がゆえ地動説を受け入れることができませんでした。

 

無知と自覚していればまだ良いのですが、それすらわからないと人はなかなか新しいものを受け入れません。

 

今の時代もこの無知が邪魔していることがとても多いのでは。

 

無知の知という言葉。2400年も薄れることなく残っているのですごいです。

 

イエスキリスト

この方の言葉は聖書の新約聖書にたくさん記されています。

十字架につけられて3年半しか話せなかったにも関わらず、今や聖書は世界で一番売れているベストセラーの本です。日本にはあまり馴染みのない本ですが、海外に行けばどこのホテルにも置いてあります。

確か3800億冊とか売れていて、私も読みました。私はクリスチャンではないのですが、普通に自己啓発本読むなら絶対聖書読んだ方が良いです。

変な宗教が多いせいで宗教に対する偏見がものすごく強い日本人ですが。

 

普通にためになる本です。

イエスキリストの言葉で日本人でも知っている言葉があるとした

「求めよそうすれば与えられるであろう。」

よく知られている言葉であり、求めるから与えられる。法則の言葉です。

待っていても得ることはできません!

という法則なのです。

 

そしてことわざで目から鱗、豚に真珠といった言葉がありますが、これは元もと聖書の言葉です。

 

意味はだいたい同じなのですが、豚に真珠はもっと深い意味があって、

「豚に真珠を与えても価値がわからないように、価値がわからない人に真理を伝えるな。それほど価値のある言葉だ」

その時代の人があまりにもイエスの言葉の価値がわからなくてものすごい迫害をしたのでそのように伝えました。

しかし直接言うと聞く人がつまずいてしまうので比喩を使ったんです。

 

 

他にもたくさんありますが、

みなさんが好きな偉人の言葉はありますか?

 

WORD

 

言葉ってすごいです。

 

善にもなり悪にもなります。

 

そして人にとてつもなく大きな影響を与える力を持っています。

 

言葉は人を殺しもして人を変える力があり、生かしもします。

 

できるのなら、正常な人なら人を殺してしまう言葉を発したくはありません。

 

それでも思ってもいないのに、なぜか人を殺す言葉を発してしまうことが多いです。

 

直接暴力したり人を殺してしまう人はごく少数です。と信じたい。

しかし言葉の暴力や言葉の殺人は人生で誰もが一回は経験しているのではないでしょうか?

 

なぜでしょうか?

 

 

「言葉」

 

流行語は文字通り、時代に「流されて行きます」。

しかし悪い言葉はその人の人生から簡単に「流れて行きません」。

いつまでも突き刺さることもあります。

 

だから、話す言葉に慎まなければいけないです。

 

 私も小学生のころいじめられていた時になかなか傷が癒えることはなかったし、そのことがトラウマになっていたのか、何か人を信じきれない不信感を持っていました。

 

また、カッとなって血気を出すと思ってもいないことを発してしまうことがあります。

 

だから血気には気をつけないといけません。

 

そして、考えたことが言葉になります。

 

だから見るもの聞くものに、気をつけなければいけません。

 

子供は見るもの聞くものを分別することができないから、親や周りが気をつけないといけないし、大人は分別しないといけません。

 

それによって考えることが変わって言葉になるので。

 

できるなら良い言葉をいつも言えるのならどれほど良いでしょうか?

 

人を変える、人を救う言葉を発することができる人。

そんな人が一人でも多く増えたらどれほど良い世界になるでしょうか?

 

 

「人を変える言葉」

 

そんな言葉を投げかけられる人になるためには学ばなければいけないし、

成長しなければいけません。

 

 私も今の人生があるのはある方の言葉に救われました。

昨年病気でうつだった時期がありました。

病気によって、入院して、修論も書けなくなり、大手インフラ企業の内定も取り消されて、自分の生きる価値を見失っていた時期がありました。

 

そんな時にある方の言葉で人生が完全に変わり救われました。

 

どんな言葉だったかはここに詳しく書くことはできないのですが、その人の言葉によって自分が本当に価値があることをわかりました。

 

そして私にはやらなければいけないことがあると本気で思い、辛いという考えを転換させて感謝するようにしました。

 

それほど言葉は人生を変えるほどの威力があります。

人によっては核爆弾に匹敵するほどです。

 

 そんな言葉に出会うためには求めなければいけません!

 

私が好きな言葉は「最後まで」です。

 

みなさんには自分の好きな言葉はありますか?

 

まとめ

悪い言葉ではなく、良い言葉を残そう!

 

そのためには見るもの、聞くものが大事。

 

考えることが言葉になるから。

 

良い言葉を聞いて、

 

時代に流されて行かない良い言葉を残す人物になる!