大学院を中退した人が自分を変えていく。yabee知恵ブログ

ある日謎の腹痛と高熱で入院することになり、大学院を中退。中退した後どうすれば良いのか、そんな毎日を書いていきます。

私の夢。どうしたら世界が平和になるのか?

f:id:yabecchi312:20151125222030p:plain

前回最後に私の夢について語りました。

「一人一人の個性が輝いて愛と喜びが満ちた世界。」

 

理想は語りながらも実体にしていかなければ意味がありません。

 

前者の「一人一人の個性が輝く」と後者の「愛と喜びが満ちた世界」

を分けて話したいなと思います。

 

 

一人一人の個性が輝くとは?

これに関しては私も模索中です。

 

個性って難しいです。

 

誰でも自分の個性を知りたいと思います。

夢を形にしたいと思います。

 

個性を輝かせるということは夢を形にすることでもあります。

 

では、どうしたら夢を形にすることができるのか?

 

どうしたら個性を輝かせることができるのか?

 

私が考える個性を輝かせる方法は2つあります。

①個性を知って個性通りに行うこと

 

②新しく個性を開発していくこと

 

この2つを果たしてどうしたら実体的に成すことができるのか。

 

昨日友人とそれぞれの悪い個性と良い個性について熱く話し合いました。

 

その中ででた私の個性がこちらです。

・「関心がある」
知ろうとする心
面倒見が良いこと
 
・「人柄が良い」
優しい
第1印象が良い
 
・「行動力がある」
思い立ったら行動する
強い決心を持ってやろうとする
挑戦する心
 
・「発想力がある」
発想が豊か
企画する力
 
・「スポンジ精神」
飲み込むスピードが速い。
どんなところから、いろんな人から学ぼうとする。
 
・「悪い性格」
はっきり指摘できないこと。
優しすぎる。
忘れやすい。
気を使いすぎる。
 

正直客観的に見て自分もそうだなと思うところはあります。笑

 

友人と個性について語り合うの結構良かったです。

 

自分を客観的に分析した時にこれらの個性の中で元々持っていた個性は

「人柄が良い」だと思います。

 

他の個性はこの2年くらいで開発した個性です。

 

個性は開発すればするほどいろんな個性の発揮の仕方が見えてきます。

 

自分には悪い個性しか見当たらないという方も開発していくと良いと思います。

 

で、結局私がやりたいことは、その人の個性を見出してあげたいし、個性を開発する手助けをしたいなと思います。

 

そのためにどうすれば良いのかは考え中です。

 

一つ手始めに始めたのが学生団体を作りました。私は社会人なのでサポーターという形です。

 

いづれにしても様々行なって良い方法が見つけられたらと思っています。

 

個性を見つける仕組み。出来たら良いなと思います。

 

しかし、社会にでた時に個性が輝くのなら間違いなくその場所で活躍できると思います。

 

どんな仕事だとしても個性を生かした仕事ができればきっと活躍できるかなと思います。

 

そうした時に仕事も楽しくなるし生きるのが楽しくなるのではと思います!

 

そんな個性を見いだす仕組みを作りたいし、個性を開発する手助けをする仕事がしたいなと思います。具体的にどうするかは模索中です。

そしてその第一歩が学生団体。

 

 愛と喜びに満ちた世界はどうしたら成せる?

愛と喜びが満ちた世界と世界全般を考えたらあまりにも難しい問題であり、言葉が抽象的ですが、まずは少ない規模から考えていきます。

私個人はどうなのか。私の周りはどうなのか。

 

私はこの世界を成すために、

「考えの質」が重要だと考えています。

 

考えの質が良い人というのは頭が良いとかそういうものではありません。

 

自分を開発していける人であり、真実な人であり、人格的な人です。

 

私が定義する人格的な人はすべての人に愛で接することができる人。

 

これがひとりでも多くの人ができるのならその世界は愛と喜びが満ち溢れた世界ができると考えています。

 

要するにマインドが大事という話になります。

 

人は何を学ぶかが本当に重要です。

 

私も学んできたものがあるのですが、 

まずは自分の周りと環境からこのようにしていきたいです。

 

だからこそ自分の考えの質を磨かなければいけません。人格をもっと磨かなければいけません。

 

だから私が成長することでまずはその世界に近づくと考えています。

 

そして群衆を覆せる人物になること。

 

そのポイントは「言葉」にあると思います。

 

理想を語りながらもこの道を人生の目的にしながら、今正社員になるのかならないのか、人生の選択を一つ迫られている時を楽しみます。