大学院を中退した人が自分を変えていく。yabee知恵ブログ

ある日謎の腹痛と高熱で入院することになり、大学院を中退。中退した後どうすれば良いのか、そんな毎日を書いていきます。

正しい判断をするために分別力を鍛えよう!

f:id:yabecchi312:20151210210914p:plain

 

今日久しぶりにyahooニュースを見ました。

そこでびっくりしたこと。

 

 

 

 

 

ほとんどが悪いニュース...

 悪いニュースは現実を知るのに良いかもしれませんが、私はよっぽど重要なニュースでない限り悪いニュースは見たくありません。

私がいつも見ているニュースは「日経新聞」と「News picks」。

 

 

特に「news picks」が面白いので好きです。

何が面白いかというとコメントです。

 有識な方がコメントされていて政治とか経済にそこまで詳しくない私がたまによく分からないニュースに出くわすと、コメントを見てなんとなく察することができます。

 そして一番良いのは悪評が目立たないことです。

 

 

今はさまざま情報がネット上で手に入ることができますが、ネットの世界は悪評が多いので気分が悪くなります。そして今の時代、情報が多すぎて、正しい情報を見分けることがとても難しいです。

 

 

ニュースの半分が嘘だったり、正確な情報を伝えられているかというとほとんどがそうではないかと思います。何故なら必ず情報を伝える人の主観が入ってしまいます。

 

 

 このことを通して感じるのが

「分別する力」の大切さです。

 

 

人生は選択の連続であり、選択肢はたくさんあります。

ですが大きく分けるなら2つしかありません。

「正しい道」か「間違った道」。

 

 

だから道を見極める力、分別する力がないともしかしたら取り返しのつかないことになるかもしれません。

 では分別する力とは何でしょうか?

 

分別力

 

f:id:yabecchi312:20151210213357p:plain

 

分別する力がある人は正しい道、間違った道見極めることができます。

そして、間違った情報や悪い人にそう簡単には騙されません。

世の中には騙す人が本当に多いです。騙すつもりがない情報からも無知によって騙されてしまう可能性を秘めています。

 

 

子供のうちはこの分別する力が弱いから親に守ってもらうことができます。

しかし、大人になると自分で分別しなければいけません。

 

 

分別する力がないと本当に痛い目を見てしまいます。

分別する力がある分より何が正しいのかを見分けることができるからどれほど良いでしょうか。

いちいち情報に振り回されたり、人に振り回されるのは損です。

分別すること。とても大切なのですが学校であまり教えられるものではありません。

では次のテーマ

 

どうやって分別する力をつけるのか?

 

分別する力をつけるには二つあります。

 

 

1つ目。騙されない、間違った情報を見分けるためにすべきことは

「確認すること」

当たり前のことですね。でもほとんどがこれができなくてばかをみます。

私もこの重要性をわかっていながら確認不足に陥ることが多々有ります。

契約書一つにしてもしっかり確認しないと大変なことになるかもしれません。 

 

 

確認する、分析することは情報を正確に見分ける可能性を高めます。

レストランのネット評価が非常に良かった。

そこで実際に足を運んでみると確かに料理は美味しいけど店員さんの対応が悪い。こうやって実際に行って確認することでわからない情報までわかるようになります。

 

 

さすがに今起きているテロの現場まで行くことはできませんが、どうしてテロを起こすのか?ISって何?国の反応はどうなの?と色々調べていくともう少し詳しく見ることができます。

嘘の情報ではないかもしれませんが実は情報の文章のニュアンスが全く違うことなんてことはよくある話です。

確認することによって詳しく知って、間違った情報や正しい情報を見分けることができます。

だからニュースをそのまま信じる事やヘッドラインを見てそのまま鵜呑みにしてしまうと危険です。

 

 

 また、確認することの重要性は生活や仕事など全てのことにおいてもそうです。

確認は全ての基本です。

 

 

私も悪い性格の一つとして、人と接するのが嫌だったので人に相談・確認することを嫌がっていた時がありました。

これができなくて自分の中で勝手に処理して、自分で勝手に問題を解決してました。

こうしてきたことによって、大きなトラブルにつながることがわかりこの性格は直しました。

必ず上司や部下にも相談をすること、確認することが本当に大切です。

どこに問題が潜んでいるかわからないし、もっと良いアイディアが見つかるかもしれません。

 

 

そして2つ目。

1つ目は情報や人生全てに応用できる力ですが、2つ目は人生においての分別する力です。つまり、正しい道か間違った道か選択する能力。

人間は何を持って判断をしているのでしょうか?

 

 

それは「考え」です。

 

f:id:yabecchi312:20151210213524p:plain

 

そしてその考えはどこからくるのか?

今までの経験、教育、環境など脳にインプットしてきたものからきます。

 

 

つまり今までの経験を元に私たちは知らないうちに判断する軸というものができます。

その軸を基準にこの情報は自分にとって有益か?間違った情報なのか?をさまざま判断しています。

 

 

つまり分別する力をつけるための2つ目は

「良い軸を持つこと」

 

 

良い軸って何?

悪い軸って何?

簡単に言うと

 

 

その人の当たり前を疑えばわかります。

今まで人をいじめることや暴力をすることが当たり前になっている人はそれが間違っているとはわかりません。

逆に人に良くしてあげること、愛することを当たり前にする人は間違っていることを分別して正しい行いをします。

こういった一つ一つの考えがその人に軸になります。大きく分けると良い軸と悪い軸に分けられますが、その軸の数は人それぞれでたくさんあります。

この軸によって人は判断をして分別をします。

 

 

だから悪い軸を持ってたら間違った道がわからないです。

わかりやすいように極端な例を出しますが、

人を騙してお金もうけしている人はその人にとって人を騙す事が当たり前になっているから、間違った道に行っている事がわかりません。

結局どうなるでしょうか?警察に捕まって獄に入ります。

 確認しないことが当たり前になっていることも悪い軸に属します。

結局そうする事によって人や契約書や情報に騙されて間違った道に行くかもしれません。

 

 

それぞれの人がそれぞれの軸をもって生きますが、大人になるにつれてこの軸が固まってきて、軸を変える事ができなくなってしまいます。

だから良い軸を持つためには、

 

 

若い時に

良い考えを学ぶ

ことです。

 

 

良い考えを受け入れて行うと何が良いのか?

何が悪い考えなのか何が良い考えなのかがわかります。

だから分別力がつくのです。

 

 

 確認すること分析することもそうですし、最後まであきらめないこと、次元をあげるという考え方もそうです。

だから脳の中に何を入れるかが本当に重要になってしまいます。

悪い考えを入れ続けるとそれが知らないうちに悪い軸になって悪いものが認識できなくなってしまいます。

そうなってしまったら修正するのが大変です。

 

 

いつも何を見て、何を聞いて、何を学ぶのか。

普段から気をつけることが大切だと自分に言い聞かせてます。

 

 

まとめ

分別する力をつけるためには

確認すること。

これは誰でもできるのでしっかりやりましょう。

私は忘れ物をよくするので確認気をつけます。

 

 

そしてもう一つは良い軸を持つこと。

そのために良い考えを学ぼうです。

 

 

そして普段から脳に入れるものに気をつけること!