大学院を中退した人が自分を変えていく。yabee知恵ブログ

ある日謎の腹痛と高熱で入院することになり、大学院を中退。中退した後どうすれば良いのか、そんな毎日を書いていきます。

たとえ寝ていてもこれさえやればうまくいく。核を掴もう!

f:id:yabecchi312:20151214133209p:plain

 

今絶賛私は攻撃を受けています。

何に攻撃を受けているのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

関節痛と頭痛、そしていつもの腹痛が私を攻撃しています。

 

 

f:id:yabecchi312:20151214134714p:plain

 

 

体の弱い私はトリプルの攻撃にダウンしております。

もっと体力をつけて病気に負けない体を作っていきたいと思うのですが、こればかりは少しずつ変えていかないといけない感じています。

 

 

体質はいきなり変わるものではないので、少しずつです。

これからも腹痛は続くので病気とはうまく付き合わなければいけません。

というのはもし自分がよく起こす腹痛に襲われた時にいちいち時間が潰れると人生が損をしてしまいます。

他の人よりやれることが少ないです。

 

 

そこで最近というか今日からあることを意識して生活するようにしています。

それが

「核を掴むこと」

 

核とは何か

 

f:id:yabecchi312:20151214133459p:plain

 

全てのことには核が存在します。

核があって全体が存在します。

組織の核はそのリーダーであるし、

肉体の核は脳。

ブログの記事の核はタイトルでしょうか。

そのように全てのことに核が存在して、この核を抜かしては全く意味がありません。

全体がうまくいったとしても核が抜けたものは必ずうまくいきません。

 

 

例えば、組織の核はリーダーだと話しましたが、いくら組織のみんながうまくやっていたとしてもリーダーの判断が間違ったら全体が損をします。会社の社長が不祥事を起こしたら会社全体が損をしますし、船が事故を起こした時に船長がすぐに「逃げろ!」と言わずに自分だけが逃げてしまったら多くの人が命を落とします。

 

 

また、肉体がいくら健康でも考えが健康でなければいけません。

肉体がいくら健康だからって1日中寝ていて怠けていたら、何も成すことができません。

考えが核だからです。たとえ病気だったとしても考えが健康なら、人生をうまく生きることができるし、誰よりも幸せに生きることができます。

 

 

肉体を見ると特にそうなのですが、人間は考えるために脳のために全体の肉体が存在します。

だから、全体のどこかがうまくいかなかったとしても核がうまくいけば必ずうまくいきます!

 

 

また、人生にも核が存在します。

そしてもっと縮小をするなら1日の中に核が存在します。

たとえ1日のうちに病気によって使える時間が使えなかったとしても1日の核を掴むことができたら1日を勝利することができます。

 

核をつかもう!

 

f:id:yabecchi312:20151214133936p:plain

 

1日の核。人それぞれ違うかもしれませんが、私にとってこれを抜かしたら大変なことになるという核の時間があります。

それが、

 

明け方

 

なぜならこの時間に私は1日の目標を立てたり、考えを整理したりするからです。

もしこの時間に起きれないと目標のない1日になってしまって、夜に1日を振り返った時に何もできなかったと思ってしまうことが多いです。

 

 

今日は風邪で明け方を呼び起こすことができませんでした。

すごく反省しています。たとえそのあと寝てしまったとしても明け方起きるべきだと思いました。

そしてそのあとの生活の中にも必ず核が存在します。

その日のうちに絶対にしなければいけないこと。それが核です。

 

 

だからもし明け方を起きれなかったとしてもそのあとの生活の中に存在する核を掴まなければいけません。

それは毎日どんな予定かによって変わってきますが、今日の私だったら病院に行くことでしょうか。笑

また他にも今日は予定があったのでそこをつかめるようにしていこうと思っている次第です。

そのように仕事をする上でも全体を頑張ろうとすると疲れてしまいます。

だからその日の仕事で必ずしなければいけないこと、成し遂げなければいけないことを考えてそこを掴まなければいけません。ある人はお客様を喜ばせることかもしれないし、会議かもしれないし、様々です。

核をつかめばその日の仕事はうまくいったことと同じです。

 

 

なぜ核を掴もうと思ったのか?

 

なぜ今この話をしようと思ったかというと、実は昨日から今日まで寝たきりになってしまった自分の体の弱さに落胆していたからです。なんで自分の体はこんなにいうことを聞かないのだろうか。本当に不自由で嫌になると思いました。 

こんなんでどう考えても就職して働けられると思えませんでした。

 

 

そうやって悩んでいたときにたとえ1日全てがうまくいかなかったとしても1日の中に存在する核をつかんでやれば1日を勝利できると悟りました。

そう考えたときに心が楽になりました。

おそらく体は少しずつ良くなってくると思いますが、それでも病気とはもう少し長く付き合っていくことになると思います。

その時に私はできないことに落胆するのではなく、核を掴むことにだけ集中すれば良いことに気づきました。

 

 

いつも核が何なのか考えて1日だけでなく、人生の核を掴んでいこうと決心できた今日です。病気を通してこのように悟れたことに感謝します。

 

 

今日は「核を掴もう!」ということを核に記事を書きました!