大学院を中退した人が自分を変えていく。yabee知恵ブログ

ある日謎の腹痛と高熱で入院することになり、大学院を中退。中退した後どうすれば良いのか、そんな毎日を書いていきます。

ハンプニング続きの南米一人旅!マイアミとボリビアとペルー旅-part1

ブログを通して今リアルに感じていることを書いているのですが、最近は就活も1月下旬までお休みしていて特別最近すごいことが起きているわけでもないので、自分の考え方ばかりの記事になっております。

なぜ今就活を今お休みしているかはまず体を完全に治すことを先決にすることにしたからです。

 こちらの記事に詳しく書いてあります。

 

yabecchi312.hatenadiary.jp

 

最近ブログを書くネタに困っていた頃だったのでそろそろ私が今まで旅してきたことの記事を書いていこうと思います。

今日から何回かの記事に分けて南米に行ってきた話を書いていきますので、一緒に旅をしましょう!

役立つ情報なんかも書いていけたらと思います。

 

日本からマイアミへ

 

南米に行ったのは2013年の3月なのでもう2年半前です。

まずは1日目。マイアミまで飛行機で約12時間。

ついた時はマイアミは朝でした。

そしてマイアミからボリビアまで行く飛行機の便まで12時間ありましたのでマイアミを観光しました!

そこで見てきた最初の景色がマイアミビーチ!

f:id:yabecchi312:20151217212617j:plain

f:id:yabecchi312:20151217212735j:plain

 

f:id:yabecchi312:20151217212844j:plain

 

ここで毎朝ランニングしたら最高ですね。

ちなみに私はここで豪遊してしまいました。笑

マイアミって結構リゾート地なので物価が結構高いです。完全に失敗。

ビーチを見た後はベイサイドという場所へ移動して船に乗って観光です。

 

f:id:yabecchi312:20151217215224j:plain

 

f:id:yabecchi312:20151217215343j:plain

f:id:yabecchi312:20151217215625j:plain

f:id:yabecchi312:20151217215452j:plain

 

マイアミを遊び尽くしました!

そして次の飛行機に乗ってやっと南米のボリビアへ!

 

ボリビアとペルーに行く時の注意。それは高山病!

 

私はボリビアから攻めて行きましたが、ボリビアに行く時に注意した方が良いのはなんといっても高山病です!

特にボリビアはついたその場所から

標高4000m!

いきなり富士山より高い場所に降り立ちます。笑

私は結構大丈夫な方でしたがそれでもちょっと気持ち悪くなりました。

この高山病対策はどうしたら良いのでしょうか。

 

 

日本から高山病の薬を持って行ったり相談すると良いかもしれませんが、もし出来るのだったら現地に行って薬を買うことをお勧めします。

なぜかというと現地の薬はめちゃくちゃ効きます。笑

私は買ってないのですが、現地で知り合った学生は日本の薬では治らなかったのに現地で買った薬でめちゃくちゃ元気になってました。

 

 

また、ペルーから攻めたら標高3000mくらいなので最初ペルーから行ったらボリビアよりは楽かもしれません。笑

 

ボリビアに到着!ラパスへ

 

マイアミから夜、飛行機に乗って8時間。

最初の移動時間は日本から35時間かかったと思います。

最初にボリビアの空港に到着した時はドキドキしました。

で、一人だった私は多分移動とかも誰かと行ったら安くなると思ったので、たまたまいた日本人学生の2人組に話しかけました。

そしてたまたま最初に話しかけたこの2人の学生は私とほとんど行程表が同じだったので結局最後まで一緒に共にしました。笑

出会いって面白いです。

さて、先ほども話した通り最初から標高4000mあるので、50m歩いたらマジで息きれます。

最初の景色がこんな感じです。

 

f:id:yabecchi312:20151217215933j:plain

 

最初から全くわからない私たちは3人でタクシーに乗りました。そこで最初のハプニングが2つ。

まず一つ目は英語が全く通じない。笑

この問題はこの後ずっと続くのですが、さすがに英語喋れるだろうと思ったのが安逸でした。

全部スペイン語。全くわかりません。

 

 

その問題によってさらに大変な問題が起こりました。

なんとか地図を使ってタクシーに連れられてラパスという都市に着いたと思いました。

着いたと思ったのですが、歩いてみるとなんか違う...

なんかよくわからないけど街がめちゃくちゃ汚い。笑

 

f:id:yabecchi312:20151217220336j:plain

f:id:yabecchi312:20151217220907j:plain

 

街がボロい!

そして私たち学生3人は気づきました。

「ここはどこだ。」

 

f:id:yabecchi312:20151217220138p:plain

 

結構焦りました。

しかしその時はここはラパスであるという固定観念の元に歩いていたので、歩けばきっと着くだろうと思っていました。

そしてしばらく歩きました。私は一人旅のハプニングは結構好きなので、とりあえずその街を歩いて楽しんでいましたが、内心怖かったです。

 

 

しばらく歩いた後タクシーの運転手にここに行きたいと地図を持って歩き回りました。

もはや英語が通じないので、日本語で。笑

「ここに行きたいんだけどおっちゃんわかる?

え?ちょっと何言ってるかわからないのでもっとわかりやすく教えて欲しいな。」

みたいな。笑

最初のおっちゃんがあっちだみたいな感じで指差すのでそちらに行ったら、なんか違う。

またタクシーの運転手に日本語で聞き込みをするとどうやらタクシーに乗れみたいなことを言われました。

いやいや歩いていけるでしょうと思ったので、断って歩く。

しかし、最終的にわからなすぎてタクシーに乗りました。笑

 

 

結局タクシーに30分以上乗りました。結構着いてなかった。笑

 

タクシーに乗っていた時の景色

 

f:id:yabecchi312:20151217220757j:plain

 

そしてやっと到着!

ラパスに!

 

f:id:yabecchi312:20151217221106j:plain

 

f:id:yabecchi312:20151217221244j:plain

f:id:yabecchi312:20151217221326j:plain

 

なんか景色が全然違う!笑

さっきまでいたところはなんだったんだ。

今振り返ってもあの街がどこだったのかよくわかりません。笑

私は神様が見せてくださった幻の街だったと思っています。

この経験を通して感じた事。

貧しい街をラパスだと思い込んでいたのですが、なかなかその考えを覆す事が出来ませんでした。タクシーに乗る事を最初拒んだくらいなので。笑

しかしラパスに着いた時にやっと固定観念を覆す事が出来ました。

到着して最後まで行ってこそ疑問が解けるのだと悟る時間になりました。

何事も最後まで行なってこそ疑問が解けます。

また、そこにいた人たちは本当に貧しそうな人ばかりでした。多分犯罪も多そうだし、貧しい人が多いと環境も変わります。なんか街のにおいもきつかったです...

本当にその場所をラパスと思って過ごしていたら多分最初から旅が全て終わってました。

 

 

さてついにラパスに着きましたがこの後も色々面白い事はたくさん起こります。

次回の記事も期待していてください!

 

 

ちなみに個人的な主観による一人旅する上でこれさえあればなんとかなるという記事あるので良かったらご参考下さい。

 

yabecchi312.hatenadiary.jp