大学院を中退した人が自分を変えていく。yabee知恵ブログ

ある日謎の腹痛と高熱で入院することになり、大学院を中退。中退した後どうすれば良いのか、そんな毎日を書いていきます。

大学院を中退して感じた夢を見つける方法は一つではない!問題意識が夢を見つける。

f:id:yabecchi312:20151223102125p:plain

 

学生の時によく耳にする言葉。

「やりたいことが見つからない」

 

 

学生に限った話ではありません。社会人の方でも同じような疑問を持ちながら人生を過ごしている人が多いです。

そもそもやりたいことを見つける必要なんてない!と考える方にはあまり為にならない記事です。

 

 

やりたいことを見つけたいけどなんとなくダラダラ過ごしてしまっている方々のため、やりたいことのもっと先を行くのなら「夢」。

この夢を見つけるための手がかりになる記事になれたらと思います。

 

 

夢を見つけるアプローチの仕方にはいくつかある!

f:id:yabecchi312:20151223102423p:plain

 

夢を見つけるためのアプローチは一つではありません。

一番多いのは、やりたいことや好きなことを夢にしてしまうことです。

この方法でしか夢を見つけることが難しいと考える方が多いのですが、もしこのアプローチの仕方をするのなら、まずやりたいことや好きなことを見つけないといけません。

そのためにはまずいろんなことをやってみることだ!

このアプローチ方法も正しいと思います。

結局やってみないとわからないことも事実です。

しかし、そもそもやりたいことがないという学生ってめちゃくちゃたくさんいます。

しかも、学生ができることは限られていて決めるのは結構難しいし、高校生に至ってはほとんど社会を経験して決めることは難しいです。

 

 

もちろん、学生という特権を使ってやろうと思えば何でもできてしまうところはありますがほとんどの人がそこまで動くバイタリティーのある人は少ないです。

私もその一人でした。

 

 

だからやりたいことを見つける為にとにかくやってみるというアプローチの仕方は結構レベルが高いです。

では、どうしたら良いのでしょうか?

 

 

そもそも理想とか夢とかなぜ存在するのか?

そもそも何で人は夢を持ちたがるのでしょうか?

 

 

それは何でかというと、

今の自分に満たされていないからです!

今の自分よりもっと理想の自分を思い描くこと、

これが夢になります。

 

 

つまり今の自分に夢を持つと必ず発生するのは今の自分に対する

 

 

「問題」です!

 

つまりこの問題を把握することに夢を見つける手がかりがあるのではないでしょうか?

 

 

例えば、私は人見知りだ。これが今の自分の問題だとします。

そうしたら夢はそれをコミュニケーション能力のある人になることになりますね。

 

 

この問題意識を解決することがすなわち夢がなされた状態です。

私も人見知りはとてもコンプレックスで、イベントの司会のアルバイトをやって自分を鍛えました。やり方は色々ありますが、基本的に人とたくさん話すことによって「コミュニケーション能力のある人になる」夢を実現させていきます。

 

 

これをもっと大きな問題に向けると夢はもっと大きくなります。

例えば、戦争をなくす。一気に大きくなりました。

しかし問題が大きい分、夢も大きくなって、成し遂げる過程も難しくなるということがわかりますね。

 

 

つまり何が言いたいかというと、

やりたいことがない!とダラダラ過ごしているのなら、今自分が感じる

問題を見つけてみましょう。

自分の問題、社会の問題、周りの問題なんでも大丈夫です。

そしてその問題をどうやったら解決できるのか必死に考えてみるんです。

そして考えたことを実践すること。

これが夢を形にする過程になります。

 

 

私が中退して感じたこと。問題意識を強く感じる分夢を成し遂げたい心になる。

私が、大学院を中退して正直何も無くなったと感じた分、いろんな自分の問題点に気づくようになりました。そして社会が当たり前と感じている間違った問題点。

こういった一つ一つが私の夢を形成しました。

大学院を中退したことによってこの問題意識が一層強くなりました。

なぜなら他に何もないので。笑

 

 

問題意識が強くなる分何が強くなるかというと夢を成し遂げたい思いが一層強くなりました。

中退するとこんなメリットがあるのかと感じました。

しかし、中退することは勧めません。笑

その分大変なので。

 

 

でも夢を持てるということは素敵なことです。

その夢が大きい分やりがいのある人生を生きることができます。

そして今すべきことが明確になったら時間が惜しくなります。

だから没頭して、無駄な時間を省いて、努力をします。

 

 

そんな人生を少しでも歩めていることに感謝しながら、

もっと深く歩んでいけたらと考える25歳です。